甲府売店 8/24(金)~28(火) 5日間連休になります。

f0230616_17303880.jpg
秋のぶどうの王様「甲斐路」

美しいルビー色がほんのりと出始めました。
酷暑の厳しい暑さも、ひと段落したようで、ぶどう畑を吹き抜ける風が涼しさを含むようになりました。

f0230616_17304602.jpg
ぶどうの透明の傘の上に重ねていた「日よけのクラフト傘」を取り除く作業をしています。

厚いクラフト傘で日を遮っていた上部は色が変化していません。クラフト傘を取り除くと、一気に紫色が濃くなります。


甲府売店 8/24(金)~28(火) 5日間連休になります。
今後、甲府売店はお休みの予定はありません。急なお休みになる場合は、こちらのブログで連絡します。

2018年8月18日現在
*収穫中のぶどう
デラウエア
巨峰








[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-08-18 17:36 | ぶどう日記 更新中

巨峰出荷スタートしてます!!

f0230616_16583041.jpg
巨峰の出荷がスタートしまいした。

今年の記録的な酷暑で心配してましたが、ぶどうの樹に影響もなくて良かったです。

f0230616_17015795.jpg
お盆休みに合わせて、注文が多く発送作業に追われています。

そして、桃の注文・発送は終了しました。
ありがとうございました。


2018年8月8日現在

*収穫開始したぶどう
 巨峰 

*収穫中のぶどう
 デラウエア








[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-08-08 17:10 | ぶどう日記 更新中

マネキュアフィンガーも色が変わり始めました。

f0230616_15473699.jpg
9月に収穫がスタートするマネキュアフィンガーも紫色に変わっています。
今年は梅雨明けも早く、気温が高い日が続いているので、ぶどうの生育も早めです。

f0230616_15490033.jpg
逆走台風の12号のぶどうへの影響はなく、安心しました。今年は今までにない気象状況となっているので、無事に収穫出来るまで気が抜けません。

2018年7月30日現在

*収穫中のぶどう
 デラウエア












[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-07-30 15:52 | ぶどう日記 更新中

甲府売店、7月24(火)からスタートします。

土屋ぶどう園 甲府売店

住所 :山梨県甲府市住吉1丁目9-13
電話  :055-227-5632
定休日:なし
開店時間:約10時半ごろ~6時ごろ
      


f0230616_1414559.jpg


駐車場は売店の前に1台分と、道向うにも1台あります。
基本的に売店の定休日はありませんが、お休みになる時は事前にお知らせいたします。
開店時間は目安ですので、ご了承ください。(朝、勝沼の農園で収穫作業を済ましてから売店を開けるので、遅れてしまう時もあるかと思います)

勝沼農園電話:0553-44-0254








f0230616_14064874.jpg
ピオーネも色が濃くなってきました。
巨峰の後に出荷となるピオーネが7月中旬でこんなに色が出ているのは、この20年で初めてかもしれません。勝沼も連日最高気温が37度前後となり、降水量も少なく、うだるような暑さです。麦茶の水筒をこまめに飲みながら畑に出ています。










[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-07-19 13:06 | ぶどう日記 更新中

桃の発送がスタートしました。

f0230616_17281031.jpg
昨年より10日ほど早く、桃の予約発送が始まりました。

今年はお天気に恵まれ、大変甘く、肉質の良い桃になりました。

しかし、この酷暑で桃が熟すのが早く発送中に傷むのを防ぐために、例年よりも早めに収穫しています。桃が到着した時にまた固そうなら、室温で数日おいて追熟してみて下さい。

f0230616_17281940.jpg
写真のは2.5キロの詰め合わせ。6~7個の桃となります。

ここ数年の桃の価格の高騰で、土屋ブドウ園でも今年から価格を上げさせて頂きたいと思います。
また、2018年4月から、宅急便も値段が上がりました。1個当たり200円程度の値上げとなりました。
お客様にはご理解いただけますと幸いです。



f0230616_17353055.jpg
デラウエアもすっかり紫色が濃くなりました。
最高気温35度の勝沼の陽射しを浴びて、甘みを一層深めてくれると思います。

f0230616_17364997.jpg
まだ甲府売店の開始日を決定してませんが、デラウエアが出荷になる時にスタートさせて頂きます。




[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-07-13 17:39 | ぶどう日記 更新中

巨峰の房が紫色に変化し始めました!!


ブドウの作業が忙しい峠も過ぎて、ひと段落しました。今年は春が暖かだったので、1週間程度生育が早いまま推移しています。

c0229312_14241711.jpg
巨峰の房の色が紫色に変わり始めています。
6月末からポツポツと色が出始めて、最近一気に色が進みました。

c0229312_14230914.jpg
この色が変わり始めている時に、粒が水分を吸い込んでグングン大きな粒になります。
粒に透明感が出て、柔らかな弾力がアップします。

c0229312_14225926.jpg
1房の中に緑~紫色に変化する、複雑な色が魅力的です。

完熟して収穫できるのは、8月上旬~中旬になる予定です。これから心配なのは台風などの天候になりますが、無事に出荷になる様に祈るばかりです。





[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-07-11 14:34 | ぶどう日記 更新中

デラウエアの色が変わり始めました。

f0230616_10105416.jpg

観測史上初の6月の梅雨明けをし、最高気温が34度越えの日が続きました。
春先に気温が高く推移していたので、昨年よりも1週間ぐらい生育が早いのですが、この高温でさらに早くなりそうです。

f0230616_10104799.jpg

デラウエアも、紫色に変化し始めました!!

薄い紫色とグリーンの組み合わせ、様々な色のコントラストが好きです。

f0230616_10104016.jpg


まだ甲府の売店のスタート時期は確定してませんが、例年よりも早くなることは間違えないと思います。日程が決まりましたら、またお知らせしたいと思います。

そして桃の発送も例年より早くなると思いますので、よろしくお願いいたします。












[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-07-06 10:19 | ぶどう日記 更新中

甲州ぶどうの手入れ

f0230616_16585781.jpg
甲州ぶどうの手入れをしています。

甲州ぶどうは日本古来の品種で1200年以上歴史があると言われています。粒が適度にしか付かないので、房作り(軸の長さを短く切る事)も摘粒(多すぎる粒を切り落とす事)の必要もなく、栽培しやすい品種です。

f0230616_16592044.jpg
とは言え、全く放置すれば良いわけでありません。

房をそのままにしておくと、棚や樹の上に房がからまってしまってます。こうなると粒に傷が付いたり、房が日焼けしてしまいます。

f0230616_16592748.jpg
自然に流すように、房を下に下ろしてあげます。

さらに、1枝になる房数を減らし、短い枝の房は切り落とし、栄養を集中させます。

f0230616_16591230.jpg
また、長く成長してしまった枝の先端を切ります。「新梢を止める」と呼ばれる作業です。
枝を切り止める事で、栄養を枝では無く房に行くようにします。

f0230616_16593496.jpg
作用した後は、畑が緑色の絨毯を敷いたようになります。
この枝を切り落とす作業は繰り返い、粒と房が大きく・甘くなるようにします。











[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-06-28 17:10 | ぶどう日記 更新中

シャインマスカットの摘粒 袋かけ

f0230616_07072392.jpg
房作り(花が開花中に房を短く切る事)をしてから1ヶ月弱が過ぎ、粒も大きくなりました。
このままでは房は長過ぎで、粒数も多過ぎるので、ちょうど良いサイズに摘粒(粒をハサミで切り落とし成形する事)をします。

f0230616_07073378.jpg
軸長の長さは約10cm位になる様に、上部を切り落とします。
粒がこれから、どんどん大きくなることを予想し、程度な間隔になる様に小さな粒や内側に向いてる粒を取り除きます。約35~40粒になる様に仕上げます。

f0230616_07074665.jpg
房数も減らし、栄養を集中させて甘いシャインマスカットにします。

余分な葉っぱも切り落とし、畑の中に太陽の光が差し込むようにしておきます。葉っぱが多過ぎると、病気が発生しやすくもなります。
f0230616_07075836.jpg
摘粒を終えて房はジベ処理をしてから、袋をかけて行きます。
ぶどう専用の紙袋。今は袋の方が大きすぎますが、収穫時には袋がパンパンになるほどに成長します。


f0230616_07081937.jpg
ブドウを入れたら、紙袋の端に付いている針金で止めます。雨が中に入ってしまわない様に、しっかり閉じます。

f0230616_07080942.jpg
袋をかけて行きます。
9月の収穫までに、無事に大きくなることを願って・・・・。








[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-06-14 18:06 | ぶどう日記 更新中

シャインマスカットの摘粒 袋かけ

f0230616_07072392.jpg
房作り(花が開花中に房を短く切る事)をしてから1ヶ月弱が過ぎ、粒も大きくなりました。
このままでは房は長過ぎで、粒数も多過ぎるので、ちょうど良いサイズに摘粒(粒をハサミで切り落とし成形する事)をします。

f0230616_07073378.jpg
軸長の長さは約10cm位になる様に、上部を切り落とします。
粒がこれから、どんどん大きくなることを予想し、程度な間隔になる様に小さな粒や内側に向いてる粒を取り除きます。約35~40粒になる様に仕上げます。

f0230616_07074665.jpg
房数も減らし、栄養を集中させて甘いシャインマスカットにします。

余分な葉っぱも切り落とし、畑の中に太陽の光が差し込むようにしておきます。葉っぱが多過ぎると、病気が発生しやすくもなります。
f0230616_07075836.jpg
摘粒を終えて房はジベ処理をしてから、袋をかけて行きます。
ぶどう専用の紙袋。今は袋の方が大きすぎますが、収穫時には袋がパンパンになるほどに成長します。


f0230616_07081937.jpg
ブドウを入れたら、紙袋の端に付いている針金で止めます。雨が中に入ってしまわない様に、しっかり閉じます。

f0230616_07080942.jpg
袋をかけて行きます。
9月の収穫までに、無事に大きくなることを願って・・・・。








[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-06-14 18:06 | ぶどう日記 更新中

ピオーネ・巨峰の傘かけ

f0230616_17475563.jpg
関東甲信越地方も梅雨に入りました。
雨の日もレインコートを着て、摘粒(粒を少なくする作業。粒抜き)をしていました。

f0230616_17480267.jpg
摘粒を行うと、粒に栄養が集中するのでドンドン大きく成長します。

f0230616_17481446.jpg
1粒のサイズは親指の先位になりました。
なんだか、もう食べれそうな感じがします。(実際は食べれませんが・・・)


f0230616_17491836.jpg
ジベ処理をもう一度行い、傘をかけました。
この傘は紙製の物で、内側に蠟が塗ってあり、ぶどうを傷つけない様になっています。この上にビニール袋の大きなサイズの傘を、重ねてして行きます。







[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-06-08 17:56 | ぶどう日記 更新中

巨峰・ピオーネ・シャインマスカットのジベ

f0230616_16541481.jpg
ブドウの花が先端まで咲き終わったら、ジベレリン処理をします。↑写真は、全部咲いた状態の房です。
ジベレリン処理は種なしブドウを安定させ、1粒1粒を大きくする為に行います。

最近のブドウは、種なし&大粒&甘いのが好まれるので、このジベレリン処理(ジベ)をする品種ばかりになって来ました。これが手間がかかって、農家的には大変なんです。

f0230616_16542211.jpg
ジベ溶液に漬けて、8時間以上浸透させる必要があるので、晴天が続く日に行います。
ジベをした夜に降雨があった場合は、やり直しとなります。再処理を連絡する農協の放送が町内に流れます。

f0230616_16535452.jpg
花が咲き終わった房から順番にジベを行います。ジベした房は赤く色が付きますが、ジベしていない房には目印のぶどう専用クリップを付けます。数日後に、このカラークリップを目印にジベを行います。

f0230616_16540397.jpg
ジベをすると、どんどん粒が大きく成長します。














[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-05-29 16:53 | ぶどう日記 更新中

巨峰の房作り

f0230616_19424820.jpg
巨峰の花が満開になっています。
写真を見ても、どれが花なのか分からないと思いますが・・・茶色い帽子みたいなのが花房で、白く糸みたいのが花です。花が咲くと、直ぐに中心に実が膨らみ始めます。

f0230616_19422239.jpg
軸長の長さは20~30cm程度あります。
中心部分から花が開花し、上部に上がり、先端まで満開になるのに約3日かかります。

花が咲いている間に、長すぎる軸長を短く切ります。

f0230616_19423515.jpg
巨峰で約3~4cm。
この部分が将来の巨峰の1房になります。小さく切る事で栄養を集中させ、1粒を大きく甘くさせます。

この「房作り」の作業は全ての品種で行われ、巨峰の次はシャインマスカット→マネキュアフィンガー→ベリーAと花が咲いた順番に、切って行きます。品種によって「房作り」の長さが違います。

広い畑を花が咲き終わる前に、全て切るのは大変な作業です。時間との勝負なので、集中してハサミを動かします。










[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-05-19 19:52 | ぶどう日記 更新中

デラウエア 満開


f0230616_17273048.jpg


デラウエア花が満開となり甘い香りを漂わせています。

花びらなども無く、小さな小さな花ですが、畑中に広がる花の香りが満開を知らせてくれます。
f0230616_17274177.jpg


今年は最高気温の差が激しく、5月9(水)は3月下旬でしたが、一週間後の本日は30度近くなり、夏の様な陽ざしでした。

デラウエアの種を抜く「ジベレリン処理」から10日も過ぎてからの満開は、珍しい事です。例年ですとジベレリン処理後、3日で花が咲きます。今年のデラウエアの種がちゃんと抜けているか、不安が残りますが、ぶどうの生育を細かく確認して、適期の作業をして行きたいです。







[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-05-16 17:33 | ぶどう日記 更新中

巨峰の葉に朝露

f0230616_17590688.jpg
今月は気温の変化が大きく、初旬は7月みたいな最高気温でしたが、10日前後は3月下旬の気温に・・・。農作業をしていても、何を着れば良いのか迷う程です。

f0230616_17585189.jpg
気温が低めの朝は、ブドウの葉に朝露が付いており、キラキラ綺麗です。

巨峰の葉の、ギザギザに合わせて付いている雫が宝石のようです。

f0230616_17585841.jpg
朝露は気温が上昇して来ると、自然に消えてしまうので早朝しか見る事が出来ません。

ぶどうの農作業が忙しい時期なので、どこの農家さんも朝の5時ごろから畑にいます。朝露が多い日は、手袋がぐっしょり濡れてしまいます。

f0230616_17591511.jpg
巨峰の房も約20cm程に伸び、そろそろ花が咲きそうです。











[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-05-14 18:06 | ぶどう日記 更新中

過去最速のデラウエアのジベ。

f0230616_15212007.jpg
ゴールデンウイーク中にデラウエアのジベレリン処理を行いました。
まだ蕾の状態でする処理で、種なしが入らないようにします。

f0230616_15212823.jpg
着色したジベレリン溶液に1房1房漬けて行きます。
全体にしっかりと房を漬けないと、種が入ってしまうので丁寧に行います。

f0230616_15213762.jpg
溶液を着色しておくのは、どの房を処理したか目印の為。
雨により色は落ちてしまうので、安心して下さい。

f0230616_15214768.jpg
今年は高温で推移しているので、今まで一番早いジベレリン処理となりました。
昨年よりは12日も早くて驚きです。

f0230616_15215699.jpg
ゴールデンウイーク前から、農作業が忙しくてんてこ舞いです。









[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-05-07 15:27 | ぶどう日記 更新中

ぶどうが急成長中です。

f0230616_14015535.jpg
今年は4月中旬から初夏の様な最高気温の日が多く、ぶどうが急成長しています。

f0230616_14020059.jpg
↑こちらは甲斐路。
秋を代表するブドウですが、5月の頭でこんなに伸びています!!

f0230616_14021138.jpg
↑巨峰もグングン伸びて、もう切れそうな感じがします。

f0230616_14012645.jpg
こんなに早く成長しているのは、この10年の中は1番たと思います。
一斉に畑が忙しいです。








[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-05-02 14:05 | ぶどう日記 更新中

巨峰の発芽

f0230616_15262822.jpg
種なし巨峰の樹が新芽を出しています。

f0230616_15265528.jpg
例年よりも、早く発芽していました!!今年の春は、一気に高温になりブドウも驚いている事でしょう。

f0230616_15263911.jpg
中心部分には、将来ブドウの房になる蕾もちゃんと付いています。
まだ霜が降りる事もあり、新芽がやられないか心配です。強風に揺さぶられ、新芽が取れて落ちてしまう事もあるので、油断できません。









[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-04-08 15:34 | ぶどう日記 更新中

山梨県 桃の花が満開です。

f0230616_15254611.jpg
山梨県峡東地域の桃が満開となっています。

f0230616_15260207.jpg
3月末から、初夏のように温かい日が続き、一気に開花~満開となりました。

f0230616_15261681.jpg
桜・すもも・桃の花がほぼ同時に咲き乱れる、大変贅沢な景色となりました。


f0230616_15260903.jpg
「濃いピンク色と緑の下草、南アルプスの山々が美しい・・」と優雅に(吞気に)感激していますが・・・桃農家さんが目が回るような忙しさです。一気に色々な品種の桃が開花してしまったので、花粉付けや摘花に追われて、間に合わないようです。

f0230616_15255498.jpg
大粒で甘い桃にする為の作業がいっぱいあるのに、高温の日が続いており、間に合わなくて大変のようです。

ブドウはまだ忙しくありませんが、今年は早めに推移する可能性があるので気合を入れて置きたいと思います。










[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-04-05 15:25 | ぶどう日記 更新中

枝の消毒

f0230616_15413497.jpg
まだ新芽が吹き出す前の枝に、刷毛を使った消毒をしています。

f0230616_15411992.jpg
ぶどうの房が腐る病気・晩腐病(バンプビョウ)の予防。
もともと枝に病原菌があるので、新芽が出る前に予防消毒して置きます。

f0230616_15412899.jpg
手荒れ予防の為にゴム手袋を付けて、1枝1枝丁寧に塗って行きます。










[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-03-19 15:44 | ぶどう日記 更新中

巨峰の樹液

f0230616_16345194.jpg
最高気温が15度を越える春らしい陽気に誘われるように、ぶどうの樹も目覚め活動を始めました。

一見すると、また冬のままの畑ですが、ちゃんと春はやって来ています。

f0230616_16345851.jpg
剪定して切り口から、樹液がポタポタと落ち始めました。

暖かくなり、根から吸い上げた水分が樹全体に巡り始めた証拠です。

f0230616_16350505.jpg


この樹液はミネラルが豊富に含まれ、お肌を潤す力も強く化粧水などにも使われます。また、植木に与えれば、元気になります。








[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-03-12 16:40 | ぶどう日記 更新中

2018年 初雪


c0229312_10512387.jpg


1月22(月)のお昼過ぎから降り出した雪は、強風にあおられて一時吹雪のようになっていました。大雪警報の出されていましたが、ニュースで見る東京都内の積雪量の方が、山梨・勝沼よりも多く感じました。

c0229312_10513480.jpg


とは言え雪に慣れていない地域なので、ハウス栽培をしている農家さんは対応に追われた様です。
幸い大きな被害も無かったようですが、寒波もまだまだ来るそうなので体調に気を付けて過ごしたいものです。

c0229312_10514593.jpg


雪景色はいつもの見慣れた風景を新鮮な気持ちにさせてくれます。



ぶどうの樹も剪定が終わっている所は、あまり積もらずに一安心です。





[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-01-23 11:03 | ぶどう日記 更新中

2018年 新年よろしくお願いいたします。


f0230616_18171820.jpg


新年あけましておめでとうございます。
皆様にとって幸多き年となる事を、心からお祈り申し上げます。

f0230616_18172563.jpg


平成30年の元旦の山梨・勝沼は、雲1つない晴天で、朝7時過ぎに初日の出を迎えました。写真は、やっと畑が明るくなって来た時です。

大きな災害や天候不順もなく、美味しいブドウが無事に収穫出来る事を願い、手を合わせました。












[PR]
# by tsuchiyabudou | 2018-01-01 18:16 | ぶどう日記 更新中

勝沼に初雪が舞いました。

f0230616_15400661.jpg
どんよりとした曇り空、空気が冷え込み、日に日に寒さが増しています。
2017年12月9日の朝、畑にはうっすらと雪が・・・。

f0230616_15401541.jpg
昨夜から北風に雪が舞ってましたが、すっすらと白くなるとは思いませんでした。冷え込みが厳しいはずです。

f0230616_15402325.jpg
10時を過ぎには雪は溶けてしまいましたが、冬本番を感じました。












[PR]
# by tsuchiyabudou | 2017-12-09 15:44 | ぶどう日記 更新中

枯露柿を干してます。


f0230616_16355251.jpg


渋柿の甲州百目の皮をむき、硫黄燻蒸を済ませ、専用に設置した台に柿を干しました。

f0230616_16360244.jpg


冬の風物詩とも言える「柿のカーテン」です。

まだ干して間もないので、水分が残っている感じがします。この段階で甘そうに見えますが、まだ「シブ」が残っているので、食べても美味しくありません。

f0230616_16361229.jpg

枯露柿作りでは、乾燥した冷たい北風が重要になります。暖かい日が続いてしまうと、カビ発生や腐敗してしまうので心配です。あまり空っ風が吹かない時は、業務用の大型扇風機を登場させて、常に風を当ててやります。

暖かい冬の方が過ごし易くて助かりますが、枯露柿を干している期間は厳しい冷え込みも欲しいものです。





、 
[PR]
# by tsuchiyabudou | 2017-11-13 16:46 | ぶどう日記 更新中

枯露柿ようの甲州百目の収穫

枯露柿の本場・甲州市塩山にある甲州百目の畑。
今年も、美しいオレンジ色になった実を収穫しました。

f0230616_16033638.jpg

「今年は昨年よりも収量が約6割と、不作の年になっている」っと、地元・山梨日日新聞に掲載されていました。
しかし、1つ1つの柿は大粒で品質は良さそうです。

f0230616_16034463.jpg

これから、手作業で皮をむいて燻蒸し、天日干しにして行きます。
年末に完成するまで約2ヶ月、手間がかかる作業が続きます。






[PR]
# by tsuchiyabudou | 2017-11-01 16:02 | ぶどう日記 更新中

甲府売店終了。ありがとうございました。

f0230616_09560291.jpg


2017年の土屋ブドウ園の甲府売店の営業を終了しました。
今年も多くのお客様に足を運んで頂き、心から感謝申し上げます。

f0230616_09561462.jpg


畑もすっかり秋の装いを深めています。

f0230616_09562620.jpg

巨峰の畑には、「二番なり」と呼ばれる余分な房が残っています。
何も手を入れてない房なので、種も入り酸味も強く野生的なブドウで、食用する事はありません。

残された房は、なんだか哀愁を含んだ味わいがあります。


2017年10月22日現在
残り少ない:甲州

完売品種:ベリーA
     甲斐路
     シャインマスカット
     種なしピオーネ
     マネキュアフィンガー
     種なし巨峰
     スチューベン
     ロザリオビアンコ
      クイーン・ニーナ
     コトピー
     種あり巨峰
     デラウエア









[PR]
# by tsuchiyabudou | 2017-10-21 10:06 | ぶどう日記 更新中

10月20(金) 甲府売店終了です。

f0230616_16084311.jpg

2017年の土屋ブドウ園、甲府売店は10月20(金)に終了させていただきます。

ぶどうの発送は勝沼の農園にて承ります。
10月20日以降は、こちらの電話番号に問い合わせお願いします。

0553-44-0254

f0230616_16083204.jpg

写真はデラウエアとシャインマスカットの畑です。
収穫を終えた畑では、ぶどうの葉もうっすらと紅葉を始めています。


2017年10月12日現在
収穫中:甲州
    ベリーA
    甲斐路
    スチューベン
シャインマスカット

残り少ない:種なしピオーネ
      マネキュアフィンガー
      種なし巨峰
      ロザリオビアンコ

収穫終了:クイーン・ニーナ
     コトピー
     種あり巨峰
 デラウエア



[PR]
# by tsuchiyabudou | 2017-10-12 16:12 | ぶどう日記 更新中

第64回かつぬまぶどう祭り

c0229312_18582923.jpg

第64回 かつぬまぶどう祭りが、天気予報を裏切る晴天の青空の下行われました。

c0229312_18581871.jpg

ワイングラスを1000円で購入すると甲州市内のワイナリーさんが出店しているブースで、試飲&購入する事が出来ます。

グラスを購入しなくても誰でも飲める「ワインの無料ふるまい」も、長蛇の列に。br>

c0229312_18580183.jpg

ぶどう娘が先導を務める「お祭りパレード」では、勝沼の各地区を代表して子供神輿が出ます。

c0229312_18575205.jpg

元気な掛け声が、会場に入ってくると自然と笑顔になります。

c0229312_18574035.jpg

大迫力の大人神輿もでます。

c0229312_18572312.jpg

甲州ぶどうの無料配布も大人気です。

c0229312_19245167.jpg

7時からは鳥居焼きに点火と、花火が行われます。
中学生による聖火隊の町内パレードと、柏尾山を聖火を持って駆け上り鳥居焼きに点火する様子は、秋の勝沼の風物詩です。



2017年10月8日現在
収穫中:甲州
    ベリーA
    甲斐路
    スチューベン
シャインマスカット

残り少ない:種なしピオーネ
      マネキュアフィンガー
      種なし巨峰
      ロザリオビアンコ

収穫終了:クイーン・ニーナ
     コトピー
     種あり巨峰
 デラウエア



[PR]
# by tsuchiyabudou | 2017-10-08 17:06 | ぶどう日記 更新中

甲州ぶどう 発送開始しました。

f0230616_15253097.jpg

収穫が最も遅い、甲州ぶどうの発送が開始しました。

f0230616_15251853.jpg

甲州ぶどうは日本古来の品種です。
一説によると、文治2年(1186年)甲州市勝沼町上岩崎の雨宮勘解由(あめみやかげゆ)が珍しい植物を発見し自宅の庭に持ち帰り栽培したのが、発祥と言われています。

f0230616_15253918.jpg

土屋ぶどう園は、甲州市勝沼町上岩崎に畑があり、まさに"甲州ぶどう発祥の地”で代々ぶどう農家をしています。江戸時代から葡萄が栽培され幕府にも献上されていました。葡萄・桃・梨・栗・林檎・柿・石榴・銀杏(胡桃)は「甲州八珍果」と呼ばれ、甲斐の国の特産でした。

f0230616_15245596.jpg

水はけの良い土地と、柏尾山や笹子峠から吹き下ろされる風が、ぶどうの生育に最適だとされています。

爽やかな甘み、スッキリとした酸味。郷愁をそそる味わいの甲州ぶどうは、色々な品種が出て来ても根強い人気です。


2017年9月24日現在
収穫開始:甲州

収穫中:ベリーA
    甲斐路
    スチューベン
シャインマスカット
    ピオーネ
    マネキュアフィンガー

残り少ない:種なし巨峰
      ロザリオビアンコ

収穫終了:クイーン・ニーナ
     コトピー
     種あり巨峰
 デラウエア


f0230616_15250547.jpg







[PR]
# by tsuchiyabudou | 2017-09-24 15:40 | ぶどう日記 更新中